1. TOP
  2. 食品・食べ物
  3. しそ(紫蘇)の3つの効果効能と栄養素・栄養成分

しそ(紫蘇)の3つの効果効能と栄養素・栄養成分

食品・食べ物
この記事は約 6 分で読めます。 2,324 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
しそ

しそ(紫蘇)の栄養素と

効果効能についてまとめてみました。

しそはよくお刺身のツマで見かけますが、

飾りだと思い、食べる機会が少なく

ドレッシングで使うくらいでした。

さて、今回はそんな食卓の主役になることの少ない

しそについてご紹介したいと思います。

正直、すごい栄養素だったのでどうぞ。

しそ(紫蘇)とは?

しそ(紫蘇)はしそ科の植物です。

主に一般的には赤紫蘇と青紫蘇ことを言います

赤紫蘇は、梅干しや紅しょうがの色付けされたものを指し、

青紫蘇は、大葉と呼ばれることもあり

刺身のつまや天ぷら、薬味などで使用されます。

現在では1年中食べることができますが、

おいしい旬の時期は6~9月の初夏から盛夏ごろです

しそ(紫蘇)の種類:赤じそ

赤しそ

一般的にしそ(紫蘇)と呼ばれているのは

意外にも赤紫蘇のことを言い、

青じその方が変種です。

私自身も正直逆だと思っておりました。

赤じそが赤いのは酸と反応する

シソニンと呼ばれている

アントシアニン色素が含まれているからです。

この性質を利用して梅干しや紅しょうが、

シバ漬けなどを色付することができています

しそ(紫蘇)の種類:青じそ「大葉」

大葉

青じそは大葉とも呼ばれています。

青じそには独特の香りがあり

日本を代表するハーブと言えます。

この香り成分には防腐や

殺菌作用の効能があり

刺身のツマをはじめ、

様々な料理や薬味として使用されます。

ちなみにエゴマの葉は大葉とよく似ていて

シソはエゴマの変種と言われています。

しそ(紫蘇)カロリーと1日の摂取量

カロリー

しそ(紫蘇)は100gあたり37kcal、

10枚(10g)だと4kcalと低カロリーです。

しそは1日に2〜3枚が適量だと推奨されています。

しそにはリアアルデヒドという

栄養素が含まれたんぱく質を分解し

防菌性を持つ効能があります。

しかし、体内でペリアアルデヒドが

増加しすぎると、

悪い菌やウイルスだけでなく、

体内のたんぱく質にまで破壊する危険があります。

そのため摂取量には気を付けなければなりません。

しそ(紫蘇)栄養素・栄養成分

しそ(紫蘇)の特徴や

摂取量が分かったところで

具体的な栄養素を見ていきましょう。

しそ(紫蘇)の栄養素・栄養成分:βカロテン

²カロテン

しそ(紫蘇)にはβカロテンが

豊富に含まれています。

その量は100g中に11000μgあり

モロヘイヤのの10000μgを超えて

野菜ではトップクラスに多い栄養素であり、

春菊やほうれん草の約2倍以上となっています。

βカロテンには体内に増えすぎた

活性酸素を抑制し動脈硬化や心筋梗塞などの

生活習慣病などの予防効果

皮膚や粘膜の細胞を正常に保ちます。

さらに免疫力を高め、

がん予防効果にも期待されています。

野菜を摂るのが難しい人は、

≪ビタミンA-サプリメント≫ 飲んでみたオススメを紹介します!

の記事を参考にしてみてください。

しそ(紫蘇)の栄養素・栄養成分:カルシウム

カルシウム

しそは100g中に230mgのカルシウムが含まれており、

植物由来のものでもカルシウムがとても多く含まれます。

こちらも野菜類の中でトップクラスの栄養素であります。

しかし、10枚(10g)を食べたとしても

1日のカルシウムの摂取量の2%ほどしか

摂取することができません。

そのため、乳製品やお魚を骨ごと食べることで

足りない分のカルシウムを補うことが大切です

しそ(紫蘇)の栄養素・栄養成分:ビタミンK

ビタミンK

ビタミンKは男女ともに、1日に150μgが推奨されています。

しそ(紫蘇)には100gあたり

690μgのビタミンKが含まれています。

10枚(10g)でも約69μgものビタミンKが

摂取することができ、

βカロテンやカルシウム同様に、

食品の中でもトップクラスに多い栄養素です。

ビタミンKは血を止める働きがある

他に骨からのカルシウム流出を防ぎ、

骨にカルシウムが沈着する効能があります。

そのためビタミンKとカルシウムの

相性はとてもいいので、

まとめて多く摂取できるしそはお勧めです。

しそ(紫蘇)の効果・効能

しそ(紫蘇)にはたくさんの効果効能があり

身体にいい働きばかりなのでご紹介していきます。

しそ(紫蘇)でアレルギー症状を軽減する効果!!

元気な女性

しそ(紫蘇)の種子に含まれるα-リノレン酸と

ルテオリンは、花粉症やアトピー性皮膚炎などの

アレルギー反応を抑制する効能がみられ、

症状を軽減する効果があります。

それはα-リノレン酸が体内で体質を改善する働きを持つ

EPA(エイコサペンタエン酸)に変化するためです。

さらにしそに含まれるロズマリン酸にも

アレルギー症状を和らげる効果がある言われています。

ちなみにそのロズマリン酸は

青じそより赤じそに多く含まれています

しそ(紫蘇)は食欲をアップさせる効果もあります!

食欲旺盛

しそ(紫蘇)の匂い成分であるペリルアルデヒドは、

嗅覚の神経を刺激することで、

胃液の分泌を促進し食欲が増進する効果があります。

さらに制菌や防腐作用があるため、

食中毒を予防効果があるため、

昔からお刺身などに

しそを付け合わせたりしています。

しそ(紫蘇)で目の健康を維持しましょう!

青い目

しそ(紫蘇)にはβ-カロテンを多く含み

体内で必要になればビタミンAに変換します。

そのβカロテンは目の網膜には

光を感じるロドプシンと呼ばれる

たんぱく質を生成するのに大切な栄養素です。

そのため暗いところで見れなくなる

夜盲症などの予防効果が見られます。

しそ(紫蘇)の雑学(オモシロ話)

ここではしそ(紫蘇)豆知識や

ためになる情報を届けていけたらと思います。

しそ(紫蘇)の選び方

しそ

新鮮なしそ(紫蘇)の選び方は

・色が鮮やかで葉がみずみずしい。
・葉先まで張りがあり変色してないもの。
・香りの良いもの。
・葉が大き過ぎるものはあまり良くありません。

などが挙げられるので、確認してみてください。

まとめ

今回は多くの栄養素が

トップクラスのしそ(紫蘇)をご紹介させていただきました。

お伝えしたかったことは以下の通りです。

・しそに含まれる栄養素βカロテン、カルシウム、ビタミンKが野菜の中でどれもトップクラスです。

・アレルギー症状を軽減する効果

・食欲をアップさせる効果

・目の健康を維持できます。

などがあります。

しそ(紫蘇)には様々な栄養素が

たくさん入っていることがわかりました。

あの香りが苦手な方もいらっしゃると思いますが、

少しでも食べてみてはいかがでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Eat【イート】食べ物を通して世の中をより豊かに、幸せにするの注目記事を受け取ろう

しそ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Eat【イート】食べ物を通して世の中をより豊かに、幸せにするの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

早百合

早百合

東京家政大学の家政学部栄養学科管理栄養士専攻を卒業し、国家資格である管理栄養士の免許を取得。卒業後は老人ホームで利用者一人一人に合わせた献立の作成や調理に携わる。現在は、生活習慣病を予防するサプリの開発に力を注ぎ食生活の改善を呼びかけている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 落花生(ピーナッツ)アレルギーの原因や症状から対処法、食べてはいけない食品まとめ

  • 蕎麦(そば)アレルギーの原因や症状から対処法、食べれない食品まとめ

  • 乳アレルギーの原因や症状から対処法、食べられない食品まとめ -【イート】

  • 食物アレルギー・食品アレルギーの原因や種類、症状から対処法まとめ

関連記事

  • ヤマモモの3の効果効能と含有する栄養素・栄養成分

  • 鰻(うなぎ)の6つの効果効能と含有する栄養素・栄養成分

  • 柚子(ユズ)の3の効果効能と栄養素・栄養成分

  • ライチの3の効果効能と栄養素・栄養成分《世界三大美女も愛した果物》

  • 葡萄(ぶどう)の7つの効果効能と栄養素・栄養成分《畑のミルク》

  • 浅葱(あさつき)の栄養素・栄養成分と効果効能