1. TOP
  2. 食品・食べ物
  3. 鰻(うなぎ)の6つの効果効能と含有する栄養素・栄養成分

鰻(うなぎ)の6つの効果効能と含有する栄養素・栄養成分

食品・食べ物
この記事は約 6 分で読めます。 237 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
美味しそうな鰻重

精を付けたい!

そんなときの代表的な食べ物の

一つが「ウナギ」です!

うなぎは栄養価が高く、

パワーアップにもってこいの

食べ物です。

今回はウナギを食べることで摂れる

栄養から効果効能まで

まとめましたので、

読んでみてください!

鰻(うなぎ)はどんな食べ物?

鰻の蒲焼き

ウナギは縄文時代にも

食べられていた食べ物で、

縄文時代の遺跡からも

食べたウナギの骨が出てきています。

またウナギは夏バテ予防に食べる

という習慣はかなり昔からあり、

万葉集にもそのことが載っています。

鰻(うなぎ)に含まれる栄養素・栄養成分

ウナギは昔から夏バテ予防に

最適な食べ物として

食べられている食品ですが、

どんな栄養があるのか見てみましょう!

鰻(うなぎ)に含まれる栄養素・栄養成分:ビタミンA

ビタミンA

ウナギにはビタミンAが豊富に

含まれています。

ウナギ一匹を食べる成人に必要な

ビタミンA一日分を摂ることができます。

ウナギに含有するビタミンAは

粘膜を丈夫にしてくれる効果があり、

風邪を引きにくい身体作りができます。

 

ビタミンAの詳細は、

ビタミンAの多い食べ物・食品と効果効能/βカロテンとレチノールの効果は?

の記事にまとめましたので、

参考にしてください。

鰻(うなぎ)に含まれる栄養素・栄養成分:ビタミンB1・ビタミンB2

ビタミン豊富な沢山のフルーツ

ウナギにはビタミンB群が

たっぷり含まれています。

ビタミンB群の中でも

ビタミンB1とビタミンB2が

多く含まれています。

ウナギに含有するビタミンB1は

疲労回復や集中力を高めたりする

効果があり、

ビタミンB2は肌や髪の毛を

綺麗にする美容効果があります。

 

ビタミンB1は、

ビタミンB1(チアミン)を多く含む食べ物・食品と効果効能

ビタミンB2は、

ビタミンB2(リボフラビン)を多く含む食べ物・食品と効果効能

の記事にそれぞれまとめましたので、

読んでみてください。

 

鰻(うなぎ)に含まれる栄養素・栄養成分:ビタミンE

ビタミンE

うなぎにはビタミンEが含まれています。

ウナギに含有するビタミンEは

抗酸化作用が強く、身体を酸化から

守ってくれる効果があります。

ビタミンEは美容効果の高い栄養成分

なので、ウナギを食べて綺麗に

なりましょう。

 

ビタミンEについて詳しくは

ビタミンEを多く含む食べ物・食品と効果効能

の記事にまとめました。

 

鰻(うなぎ)に含まれる栄養素・栄養成分:ビタミンD

ビタミンⅮ

ウナギにはビタミンDも

含まれています。

ウナギに含有するビタミンDは

骨を強く、健康に保つために

必要な栄養成分です。

カルシウムと一緒にビタミンDを摂ると

効果が高まります。

 

ビタミンDについては

ビタミンDを多く含む食品・食べ物と効果効能

の記事で確認してみてください!

鰻(うなぎ)に含まれる栄養素・栄養成分:DHA

うな重セット

ウナギにはDHAという栄養が

含まれています。

ウナギに含有するDHAを聞いたことある!

という人がいると思いますが、

「頭が良くなる」と言われている栄養成分です。

ウナギに含むDHAは頭が良くなる

効果だけではなく、生活習慣病の予防にも

効果がある成分です。

鰻(うなぎ)に含まれる栄養素・栄養成分:EPA

うなぎのかば焼き

ウナギにはEPAという栄養成分が

含まれています。

ウナギに含有するEPAも生活習慣病の

予防に効果的な栄養成分です。

EPAは血液をサラサラにしてくれて

血栓などができないように

予防してくれる効果があります。

鰻(うなぎ)の効果と効能

うなぎはやっぱり栄養が

たくさんありましたね。

次はウナギを食べたときに

得られる効果や効能を

見ていきましょう!

鰻(うなぎ)の効果と効能:美肌効果

美肌効果

鰻は美肌効果のある食べものです。

鰻にはビタミンとミネラルが

豊富に含有している食品です。

これが肌を綺麗にしてくれる効果や

肌のトラブルを改善してくれます。

また、抗酸化作用のある栄養成分も

鰻に含まれていますので、

体の内側から紫外線など肌の敵から

守ってくれる効果もあります。

 

綺麗な肌について

お肌に良い食べ物・食品と肌に効果的な栄養素・栄養成分について

の記事に詳しくまとめました。

読んでみてください!

鰻(うなぎ)の効果と効能:アンチエイジング

エイジングケア

鰻を食べるとエイジングケアにも

なります。

鰻に含まれるビタミンが肌を

老化から守ってくれる効果があり、

シミやシワなどを予防してくれます。

高い化粧品を使うのもいいですが、

ウナギを食べて体の内側から

エイジングケアをしてみるのも

いかがでしょうか?

鰻(うなぎ)の効果と効能:認知症の予防

記憶力をパズルで表している

ウナギは認知症の予防効果があります。

ウナギに含まれているDHAが

脳の栄養になり、

脳内の神経系が活発になります。

脳の神経が活性化されることで、

記憶力が良くなり、認知症の予防に

繋がります。

鰻(うなぎ)の効果と効能:脳梗塞・心筋梗塞の予防

鰻を食べることで血液がサラサラになり、

血流が良くなる効能があります。

このウナギの効能が脳梗塞や

心筋梗塞の予防につながります。

鰻(うなぎ)の効果と効能:ダイエット効果

体重を測って喜んでる女性

ウナギはダイエット効果もあります。

ウナギに含まれているビタミンが

身体の代謝を高めてくれる効果があり、

食べた物をどんどんエネルギーに

変換してくれます。

代謝が高まることで、

脂肪が落ちやすくなり、

ダイエット効果に繋がります。

鰻(うなぎ)の効果と効能:目の健康維持に効果

ウナギを食べると目の健康を

保つこともできます。

目の健康に効果的なビタミンAが

ウナギには多く含まれています。

鰻を食べることで、目の粘膜を

強くしてくれます。

また鰻は視力の回復効果も期待できる

食べ物です。

土曜の丑の日って何?

鰻重を食べている人

土曜の丑の日ってよく聞きますが、

なぜ土曜の丑の日に鰻を食べるの?

と疑問に思っている方もいると思います。

 

土曜の丑の日に鰻が食べられるように

なった経緯は昔から丑の日には

「う」のつく食品をたべると良いと

言われていました。

これをうなぎ屋さんが

本日丑の日と宣伝したところ

ウナギ屋さんがとても繁盛しました。

それから沢山のウナギ屋さんが

これを真似して、

土用の丑の日に鰻を食べることが

広まりました。

まとめ

うなぎは栄養価が高く

美容効果から病気の予防効果まで

かなり幅広い効果を得ることが

できると分かりました。

ウナギは値段もするので

しょっちゅう食べられませんが、

ウナギを食べるときは

ウナギの効果や効能を

思い出して食べてみてください!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Eat【イート】食べ物を通して世の中をより豊かに、幸せにするの注目記事を受け取ろう

美味しそうな鰻重

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Eat【イート】食べ物を通して世の中をより豊かに、幸せにするの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

有紀

有紀

日本女子大学の家政学部食物学科で管理栄養士を専攻し、卒業とともに国家資格である管理栄養士の免許を取得。卒業後は病院内の献立の作成と調理・栄養管理に携わってきた。現在は保育園の栄養士として勤務し、子どもたちの食と健康を支え、食育活動にも力を入れている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ≪果物の王様≫ドリアンの9つの効果効能と含有する栄養成分

  • 大根の9つの効果効能と含まれる栄養素・栄養成分

  • バナジウムの4つの効果効能と多く含む食品・食べ物

  • クエン酸の5つの効果効能と多く含む食品・食べ物

関連記事

  • モロヘイヤの7の効果効能と栄養素・栄養成分《王様の野菜》

  • グリーンピースの5つの効果効能と栄養素・栄養成分について

  • ルイボスティーの効果効能は?妊活やダイエット中の方必見の栄養成分が含有!

  • さんま(秋刀魚)の4の効果効能と栄養素・栄養成分

  • ズッキーニの驚きの6つの効果効能と栄養素・栄養成分

  • 赤ワインは健康に良い?11の効果効能と栄養成分、一日に飲む量の目安は?