1. TOP
  2. 雑学ニュース
  3. 紅茶と緑茶、身体を冷やすのはどっち?季節や体調に合わせて選びたいお茶講座 -【イート】

紅茶と緑茶、身体を冷やすのはどっち?季節や体調に合わせて選びたいお茶講座 -【イート】

雑学ニュース
この記事は約 4 分で読めます。 859 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
大自然の中で飲むお茶 

緑茶と紅茶どちらをよく飲みますか?

季節や体調によってお茶にもベストな飲む

タイミングがあります。

今回はお茶についてみてみましょう。

寒い冬、紅茶と緑茶、どちらを飲みますか?

コタツに下半身を突っ込んで、

みかんを剥きながら飲みたいお茶といえば、

やはり緑茶でしょうか。

寒い冬に湯のみで温かいお茶を飲むと

ほっこりしますよね。

「あ、茶柱」とか言いながら、

ほんわか、ゆったりした時を過ごす冬休み、

なんて素敵なんでしょう。

緑茶を注いでいる

緑茶は身体を冷やす

しかし、実は緑茶って、

体を冷やすお茶だってご存知でしたか?

お茶を飲むとトイレが近くなる

という人がいますが、その主な原因は

・水分を摂っているから(これは当たり前ですね)
・利尿作用があるから(緑茶にもカフェインは含まれています)
・体が冷えるから(非発酵なので)

この3つなんです。

冷えた緑茶を飲んでいる女性

お茶の種類

お茶には「非発酵」つまり発酵していないお茶と、

紅茶のように「発酵」しているお茶の、

大きく分けて2種類があります。

イメージとしては、

のような色合いのものは発酵しているお茶

(紅茶、ウーロン茶、ルイボス茶など)

緑色のものは非発酵のお茶

(緑茶、グリーンマテ茶、黄茶など)

といった具合です。

そして非発酵茶は体を冷やし

発酵茶は体を温める作用があるのです。

ルイボス茶はカフェイン0で、美容や健康に嬉しい

SOD酵素がたくさん含まれています。

ルイボス茶の詳しい情報は、

ルイボスティーの効果効能は?妊活やダイエット中の方必見の栄養成分が含有!

の記事にまとめてありますので、

読んでみてください。

また活性酸素を取り除くSOD酵素については、

SOD酵素でエイジングケア!の記事にSOD酵素の

効果や効能をまとめましたので、読んでください!

たくさんの種類のお茶の葉

夏は緑茶、冬は紅茶がおすすめ

お茶の特性が分かれば、

季節や体調にあわせて、

飲むお茶を選ぶことができます。

暑い夏は緑茶、寒い冬は紅茶がそれぞれおすすめです。

ただ、冷え性をお持ちの方などは、

夏でも紅茶の方が良い場合があります。

体を内側から温める

免疫力なども上がり自律神経が安定するので、

夏風邪予防にもなります。

熱中症などになりそう!と思ったら

冷たい緑茶を、

夏風邪をひきそう!と思ったら紅茶を飲むなど、

体調に合わせて選ぶのも良いですね。

夏と冬の景色が混ざった写真

ウズベキスタンでは昔から「夏は緑茶、冬は紅茶」と言われていた

ここでちょっと小話ですが、

ウズベキスタンという中央アジアの国では、

緑茶も紅茶もどちらも飲まれているそうです。

しかも緑茶は日本の緑茶のように苦味や渋みが無く、

時にはレモンや砂糖、

ハチミツなどを加えて飲まれていて、

まるで紅茶のような存在のようです。

そしてウズベキスタンでは、

おばあちゃんの知恵袋のような形で

「夏は緑茶、冬は紅茶」と昔から言われているのだそう。

理由を聞いてみると

「科学的なことはよく分からないけど、

緑茶は体を冷やして紅茶は身体を温めるって聞いた事があるよ」

と返ってきて、

ウズベキスタンでは割と常識のようです。

おばあちゃんに料理を教わっている娘

冷え性には体を温めてくれる発酵茶で冬を乗り切る

紅茶などの「発酵茶」に体を温める効果が

あるのは分かりましたが、

更にその効果を高めるために、

冬におすすめしたいのは、

ジンジャーティーです。

しょうがも体を内側から温めてくれるので、

冷え性などに効果抜群です。

基本的に、土の中で育ったものは身体をあたためてくれて、

地上で育ったものは体温を下げる傾向にあるようです。

お茶も、ごぼう茶やタンポポ茶(根)など、

地中の中で育ったものを煎じたお茶は体を温めてくれます

発酵茶と非発酵茶を並べてみた写真

まとめ|お茶の特性を知って、季節や体調にあった飲み方を楽しむ

発酵させていない緑茶など「緑色」系のお茶を

非発酵茶といい、

発酵させた紅茶など「赤や黒」系のお茶を

発酵茶といいました。

非発酵茶は体温を下げ

発酵茶は体温を上げる作用があります。

夏、特に熱中症になりそうな時には緑茶、

冬や、夏でも夏風邪などを引きそうと思ったら

紅茶やウーロン茶などがおすすめです。

季節や体調にあわせて

様々なお茶をおいしく上手に楽しみましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

Eat【イート】食べ物を通して世の中をより豊かに、幸せにするの注目記事を受け取ろう

大自然の中で飲むお茶 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Eat【イート】食べ物を通して世の中をより豊かに、幸せにするの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

有紀

有紀

日本女子大学の家政学部食物学科で管理栄養士を専攻し、卒業とともに国家資格である管理栄養士の免許を取得。卒業後は病院内の献立の作成と調理・栄養管理に携わってきた。現在は保育園の栄養士として勤務し、子どもたちの食と健康を支え、食育活動にも力を入れている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ≪果物の王様≫ドリアンの9つの効果効能と含有する栄養成分

  • 大根の9つの効果効能と含まれる栄養素・栄養成分

  • バナジウムの4つの効果効能と多く含む食品・食べ物

  • クエン酸の5つの効果効能と多く含む食品・食べ物

関連記事

  • 胡椒(コショウ)は単なるスパイスではない!ダイエット効果あり!?-【イート】

  • 甘酒の効能と美容や健康効果!栄養成分たっぷりでダイエットにも活用できる!

  • タイ米は日本人に受け入れられない?タイ米の特徴と日本のお米の違い-【イート】

  • ハロウィンのかぼちゃは食べない?色んな種類のかぼちゃについて

  • 朝のスムージー!肌に悪影響が出るって知ってた?美容と健康に効果的な飲み方

  • お米は食べる物ではなく、使う物だった!? -【イート】